まだまだ人生これから!アラフィフ40代が失恋から立ち直る方法8選

『40代で失恋しても相談できる人がいない』という悩みを抱えている人も少なくありません。

世間的に40代ともなれば家庭を築いている人の方が圧倒的に多く、この年齢での恋愛の話をすることに引け目を感じてしまうからでしょう。

しかし、恋愛に年齢なんて関係ありません。

結婚のタイミングは人ぞれぞれですし、出会いのタイミングも人によっては40代オーバーであることだってあるのですから。

また、恋愛同様に失恋にたいしても…受ける痛みに年齢は関係ありません。

いい大人であっても、痛いものは痛いもの。ショックなことに耐えられない場合だってあって当たり前なのです。

状況的に様々な劣等感を抱えやすい40代の失恋は、その後の人生に大きな影響を与えやすいリスクが付き物。

今回は50代を前にしての失恋の痛手から立ち直る方法をご紹介していきます。

40代は『もう終わり』と感じる年代ではありません。まだまだこれからいくらでも花を咲かせることも可能な年代。

やり直しがきく年齢であることを自覚して、より明るい人生を手に入れていきましょう!

40代の失恋は痛い!立ち直る方法を見つけなければつまらない人生に…

40代の失恋は痛い!立ち直る方法を見つけなければつまらない人生に…

あまり意識しなくとも次の出会いが多い若い時代と比べれば、年齢を重ねるごとに失恋の痛手は大きくなり、立ち直るのも難しい条件が揃いやすくなってしまうのは事実。

しかし、その痛手から抜け出せないままでいると…その先も続く人生がつまらないものになってしまうことは間違いありません。

失恋から立ち直ることが辛い年代にいるからこそ、失恋から立ち直る方法を見つけられなければ、「人の影響で自分の人生を台無し」にしてしまう確率も高くなります。

諦めたらそこで本当に終わってしまうのです。

40代の失恋が痛い理由とは…

40代の失恋が痛い理由とは…

失恋はどの年代でも痛いことは変わりありません。

しかし、『今までも失恋の経験があるのに、なぜ40代になってからの失恋がこんなにも辛いのか…』と思う人もいるでしょう。

40代の失恋が若い世代よりも痛みが強いことには…理由があるのです。

40代に入ってからの失恋は…自分でも驚くほどに深手となってしまう条件が揃っているからです。

40代の失恋が痛い理由その1・恋愛相談がしにくい状況

恋愛相談の相手は主に友人たちがメインとなります。

次に親兄弟。自分にとって親しい人や信頼のおける相手に相談をすることでアドバイスを貰ったり、慰められることで癒されることが多いでしょう。

ただし、それがスマートにできるのは30代まで。

40代ともなれば、同年代の友人たちは基本的に家庭持ち。恋愛相談に真剣に乗ってくれる友人は一気に減るでしょう。

自分たちの家庭のことでいっぱいだったり、家庭を持たずに恋愛をしていることに対して偏見を持ってしまうからです。

親兄弟に関してもいつまでも結婚しない状況を良く思っておらず、失恋相談をしても呆れられるか責められる可能性も高くなりますね。

このような恋愛相談を周りにしにくい環境に囲まれてしまうため、相談相手が誰もいないことで失恋の孤独に1人で取り残されてしまう状況が、より失恋の痛手を増してしまうのでしょう。

40代の失恋を相談したいなら

今すぐ恋の悩みを相談したいなら電話占い【ココナラ】
プロの占い師があなたの恋の悩みを解決します!

40代の失恋が痛い理由その2・次の恋愛チャンスに期待が持てなくなる

40代にもなって失恋をする自分に、自信が持てなくなってしまうのでしょうね。恋愛は自分に自信がないとなかなか難しいです。

チャンスがきても自分を信じることができないため、「また傷つきたくない」とネガティブな考えで取り逃してしまうことだってザラにあります。

40代といえば中年でおじさん・おばさん…というイメージが強いかもしれませんが、40代で素敵な恋愛をしている人、新しい出会いに出会う人たちも数えきれないくらい実在しています。

ただ、自信をなくしてしまうことで周りが見えなくなってしまうもの。自分の殻に閉じこもって次のチャンスを待つことを放棄してしまいたくなる人も少なくありません。

40代で新しい恋人を見つけたいなら

新しい彼氏を見つけて素敵な恋をしませんか?
日本最大級の恋愛・恋活マッチングアプリなら【Pairs】
あなたにぴったりのパートナーを探せます。




40代の失恋が痛い理由その3・「最後のチャンス」を逃した喪失感が半端ない

誰に言われた訳でもなく、そのようなルールが決まっている訳でもないのに、「40代での恋愛は今の相手が最後」と思い込んでしまう人が多いです。

そのため、これが最後の恋愛』と思っていた相手から失恋をしてしまうことで、『もう次はない』とさらなる負の思い込みをしてしまいがち。

明日に希望が見いだせない環境が続きやすく、その分、失恋の痛みを引きずりやすい状態になってしまうのでしょう。

自分にとっては最後の相手を失った抱えきれない喪失感に飲み込まれ、『自分の人生は終わった』と錯覚してしまうからですね。

40代が失恋したときに立ち直る方法ってあるの?

40代が失恋したときに立ち直る方法ってあるの?

もちろんあります。

少しでも前に進みたい気持ちがあれば、誰でも少しの意識変化と行動1つで、失恋から立ち直り、これからの人生を「つまらないもの」から「楽しいもの」に変える力とチャンスを手に入れることができます。

これから8つの立ち直るためのきっかけとなる方法をご紹介します。自分に合った項目を選び、失恋から抜け出す準備を始めましょう!

40代が失恋から立ち直る方法8選

40代が失恋から立ち直る方法8選

40代が失恋から立ち直る方法は「失恋した事実を受け止める」

案外多いのが「失恋したことを受け止めたくない人」です。

事実を認めるのが怖いのでしょうね。その気持ちは分かります。しかし、現実と真正面から向き合えない人は、どんどん妄想の世界に入りやすいので要注意。

自分に都合の良い見方や考え方が侵食していき、恋愛以外の日常生活における人間関係にまで支障がでてきてしまいます。

まずは事実を受け止める。痛みをダイレクトに感じる瞬間ですが、これができなければ失恋からの立ち直りは絶対に実現しないのです。

40代が失恋から立ち直る方法は「恋愛を諦めようとしない」

次の恋愛に意識を持たないということは、イコール失恋から立ち直れない環境が続くということになります。

『この年で失恋したんだから、恋愛はもう無理』なんて、自分の可能性を勝手な思い込みで潰さないでください。

恋愛を諦めると自分で決めてしまうと、いつまでも失恋から立ち直っていない人生になってしまいます。

40代が失恋から立ち直る方法は「誰かに相談する」

友人や親兄弟で話を聞いてくれる人がいればベストなのですが、なかなか環境が許してくれない人も多いでしょう。

それでも、同年代の未婚の職場仲間や、友達など、誰でも良いので話を聞いてくれそうな人に相談してみてください。

自分一人でため込んでしまうと、どうしても負の感情に負けてネガティブ思考を止められません。

40代が失恋から立ち直る方法は「無理に忘れようとしない」

下手に忘れようと努力する必要はないのです。

失恋の痛手に無理は禁物。無理に忘れようとすればするほど、失恋相手のことばかり考えてしまう結果になり、いつまでたっても新しい未来を見ようとする力を発揮できなくなるからです。

忘れられないうちは思い出に浸るのも良いでしょう。無理をしなければ、時間が必ず解決してくれます。

『40代なんてそんな時間はない』と言わないでくださいね?40代でも時間はまだまだあるのですから。

40代が失恋から立ち直る方法は「自分の欠点を見つめなおしてみる」

ある程度の年齢を重ねてしまうと、自分の中に固執したものが出来上がってしまいます。

そのため、自分の欠点を見つめなおすことも簡単なことではないでしょう。しかし、失恋をするということは何かしらの原因があるはず。

自分に足りないものはないか、自分が直さなければいけない短所はないか、今一度見つめなおしてみてください。

欠点を見つけることで失恋の原因解明に繋がり、次の恋愛に活かせる希望が見えてくるはずです。

40代が失恋から立ち直る方法は「仕事に没頭してみる」

失恋の痛みを手っ取り早く忘れる方法です。

忘れると言っても完全に忘れることは無理ですが、痛みに苦しんで何もできない生活からは脱出できるでしょう。

仕事に没頭しているときは失恋の痛みも感じない瞬間ができるはず。

しばらく仕事に没頭することで痛みを忘れる時間が徐々に増えていき、いつしか立ち直れるチャンスがやってくるでしょう。

40代が失恋から立ち直る方法は「自暴自棄になって自分の安売りをしない」

二次災害を起こしてしまう危険性があるのは、失恋したことでヤケになり、自分を安売りしてしまうことです。

気持ちのない相手に簡単に体を提供したりすることですね。

寂しさから人はだ恋しくなることもあるかもしれません。しかし、自暴自棄になるくらいになるのは絶対にいけません。

辛い気持ちを忘れたいその一心かもしれませんが、失恋時の自分の安売りはかえって痛みを広げます。

ヤケになった自分の行動への後悔も付きまとい、どんどん負のループに巻き込まれてしまいます。

立ち直りたい気持ちが残っているのであれば、どんなに寂しくても自分の安売りだけはしないように強い意志を持って、自分を守ってあげてください!

40代が失恋から立ち直る方法は「婚活で本気の出会いを探してみる」

年代に合った相手との出会いを効率よく探せる「婚活」もおススメ。

1対1でのお見合い方式が苦手な人は、婚活パーティーに参加するのも良いですね。

婚活にくる人はみんな本気の出会いを探しているので、良いパートナーに出会える期待もあります。

出会いがなくても、たくさんの出会いを求める異性に触れ合うことで活気が戻ってくるはず。

ただし、最初から期待しすぎるのはNGです。「出会いがあれば儲けもん!」くらいの気楽な気持ちで参加することがポイント。

気負いしないで雰囲気を楽しむだけでもいい気分転換になり、失恋の痛みも癒しやすくなるでしょう。

失恋したけど婚活したいなら

こっそり婚活をしたいなら【オーネット】
楽天の運営する日本最大の婚活サービスです。

失恋した40代が立ち直る方法のポイントは「年齢に固執しないこと」

失恋した40代が立ち直る方法のポイントは「年齢に固執しないこと」

失恋から立ち直れない40代に見られる最も多い共通点は、自分の年齢を気にしすぎていることです。

『もう若くはない』とか『この先の人生は老後同然』なんてネガティブに考えてしまうことで、失恋したときにはそこから立ち直るための努力すらしない人も少なくないでしょう。

その理由としては、心のどこかで「無駄な努力」だと思い込んでしまっているからなのです。

『今更…』と、立ち直ったところでメリットを感じない、立ち直ることに労力をかけることで得られるものへの期待ができない、想像ができない…というマイナス思考しか働かせられない状況になっているのでしょう。

それでも毎日暗い気持ちや、何も『楽しい!』と感じることができない人生には飽きてきます。少しでも状況改善したい気持ちが芽生えてくるはず。

失恋はいくつになっても立ち直らせないと厄介な物。その後の人生に必ず大きな影響を与えるからです。しかも悪い方法へと…。

劣等感の多い40代が失恋から立ち直るためのポイントは「40代という年齢に固執しない」ということです。

40代はまだまだ先があるということを自覚し、『もう遅い』のではなく『まだこれから』という意識を強く持つことで、必ず未来は開けることを分かってください。

自分の人生の色を決めるのは自分次第なのです!グレーや黒いどんよりとした色の濃い人生から自分を救い出してくれるのは「自分だけ」なのです。

失恋から少しでも早く立ち直りたい方はこちらの記事もあわせてご覧ください!

思いっきり泣いたら立ち直れる!失恋したときに聞く歌・号泣20選

男ゴコロがまるわかり!失恋女子必聴の男性目線の失恋ソング20選

【夢占い】失恋する夢の10の意味。実は意外といい意味って本当?

新しい彼氏を見つけて素敵な恋をしませんか?
日本最大級の恋愛・恋活マッチングアプリなら【Pairs】
あなたにぴったりのパートナーを探せます。