失恋で痩せる人・太る人の境界線は「正しい自分の癒し方」だった!

恋人にフラれた…または、片思いが実らなかった…「恋を失ったとき」の失恋。

心の中がまるで空洞になったようにぽっかりと穴が開いた気分になって、何に対しても気力が湧かず、傷ついた心がじくじく痛む毎日を送ってしまうでしょう。

それだけ失った物が大きいのですから、仕方のない感情であり、人として当たり前に出てしまう感情です。

止めようと思って止められるものでもありませんし、忘れようとしても急に気持ちを切り替えられるものでもありません。

失恋のショックは日常生活に侵食し、生活を乱してしまう大きな原因となることもあるでしょう。

中でも不安定な心がダイレクトに出てくる行動は「食事」ですね。

失恋のストレスで痩せる人と太る人がいるのは、正しく自分を癒せなかったデメリット効果です。

今回は「失恋で痩せる人と太る人の境界線」について解説していきます。

失恋ショックが原因の痩せすぎに困っている人、太り過ぎに困っている人、失恋したときに痩せたくない人、太りたくない人は…ぜひ参考にしてみてください。

失恋で痩せるのはある種の「自己防衛機能」

失恋で痩せるのはある種の「自己防衛機能」

体力がなくなって弱っていく食事制限。

失恋の痛みが原因で食事がのどを通らなくなるという現象、実は見方によれば1つの自己防衛機能でもあるのです。

失恋のショックを抱えた生活は、とてもエネルギーを使うもの。
辛いと感じたり、現状やこの先に不安や悩みを抱えるのも、膨大なエネルギーを消費します。

食事ができなくなるのは…このエネルギーを消費して、精神的に弱ってしまう状況を減らそうとしている本能であると言われています。

自分の心を守るために体のエネルギーをなくそうとしているのでしょう。

しかし、これは本当に究極の状態。

新しいエネルギーを与えずに、今あるエネルギーをどんどん消費し続ければ、失恋を考える時間も少なくなります。

ただし、失恋だけではなく、そのほかの日常生活におけるすべての思考回路もストップをはじめ、体も動かなくなってしまうでしょう。

自分の心を守るために自分の機能をすべて停止してしまうのは…人間らしい機能であり、人間だからこその欠点にもなりますね。

本当は怖い?失恋ショックで急に痩せた人のメリット・デメリット

失恋で痩せるのは当たり前じゃない?

失恋で痩せるのは当たり前じゃない?

恋愛の悩みを抱える人の多くは痩せていく傾向があります。

「恋わずらい」なんて言われるほどに、大きい項目で見れば病の一種として見られることもあるくらい、食事がのどを通らずに痩せていく人が多い実態があります。

ただし、失恋したら痩せる…というのは、決して当たり前のことではないのです。

失恋が原因で恐ろしく太ってしまう人も…痩せてしまう人と同じくらい実在します!

失恋で傷ついた自分の癒し方を間違えると…痩せるどころか太る!

失恋で傷ついた自分の癒し方を間違えると…痩せるどころか太る!

ショックが大きく、何とか心の隙間を埋めようと無意識に走りがちな行動が「食べる」ことです。

手っ取り早く胃袋を満たすことで「心を埋めたつもり」を体感したい深層心理が働かせる行動になりますね。

たしかに、お腹が満たされることで「食欲」が満足し、一瞬でも幸福感を得られます。

失恋の痛みを少しでも忘れて幸福感に満たされたい欲求が…食欲に走ってしまうことも珍しい話ではありません。

痛みを忘れて少しでも幸福感を味わうことは、自分を癒す効果になります。

しかし、あまりに続けてしまうと「食事と幸せ」だけが繋がってしまい、必要以上に食べ続ける生活が始まってしまうでしょう。

食べなければ幸せになれない、とさえ思いこんでしまうケースもあります。

自分を癒しているはずなのに、行き過ぎることで…どんどん太ってしまうでしょう。

一時的な癒しとして食事を活用する方法はアリですが、ある程度の制限を設けていないと、あっという間におデブの仲間入り。

新しい恋愛をする際にもネックとなる新たな原因が生まれてしまいます。

失恋の痛みを癒すときに痩せる人・太る人の境界線比較7選

失恋の痛みを癒すときに痩せる人・太る人の境界線比較7選

どうして同じ失恋をしているのに、太る人と痩せる人がでてくるのか不思議に思われる人も多いでしょう。

運命の分かれ道は、失恋した後の「自分の癒し方」にあります。

同じ項目で癒そうとしても、ほんの少し目線が違うだけで、ほんの少し意識が違うだけで、結果は大きく変わってきます。

失恋で体系に変化がでるのであれば…どうせなら痩せたいですよね。
少しでも痩せて綺麗になれれば、これもまた1つの癒しになるでしょう。

失恋ショックで醜く太ってしまうと、後々の人生の立て直しにとても時間がかかるようになってしまいます。

いつまでも1つの失恋に縛られないで、少しでも早く新しい出会いを探すことが1番の癒し効果になることは間違いありません。

本当の意味で自分が癒される環境を作るためには、第一に、失恋ショックで太らないことが重要なキーポイントになるでしょう。

これから、失恋で痩せる人と太る人の境界線を厳選比較した7つの癒し方をご紹介していきます。

失恋したときには、「正しい癒し方」ができるように、しっかりとチェックしておいてください!

失恋で痩せる人・太る人の境界線「食での癒し方」

太ってしまう人はとにかく量を食べてしまいます。

空っぽの心と胃袋を連結し、胃袋を満たして心を満たした気持ちになりたいのでしょうね。

その気持ちは分かります。

しかし、同じ食で自分を癒す人の中でも痩せる人の特徴は「量より質」を重視した食事をすることです。

少なくても最高に美味しいものを食べることも、心を満たしていく方法になります。

単純に摂取量が少なくなることで体重に変化が見えるようになるのです。

同じ食事で癒すなら、絶対に後者の「量より質」を選んで美しく痩せましょう。

失恋で痩せる人・太る人の境界線「日常生活での癒し方」

傷ついた自分を守るために、一定期間の引きこもりはアリです。何も考えずにゆったり自分を癒す時間は必要ですからね。

ただし、あくまでも一定期間限定のお話です。自分の殻にこもって自分を守ろうとする生活は必ず人を太らせます。

その一方、外にでて、人や物から多くの刺激を受けることで癒すことを選択する人は、出歩く行動によりバランスよく痩せていけるようになるはず。

新しい出会いも見つかりやすく、失恋ショックからいち早く抜け出せる癒し方です。

失恋で痩せる人・太る人の境界線「運動での癒し方」

体を動かして汗をかくことで、人はストレス発散と適度な疲労からくる幸福感を味わうことができます。そのため、失恋時に運動をすることはおススメ。

考えてしまう時間があるなら、体を動かす時間に変えていきましょう。

ここでのポイントは「有酸素運動かどうか」です。ただ体を動かして汗をかくだけでは、ただのストレッチ。

少し動いただけで自分にご褒美をあげたくなり、運動量よりも摂取量が多くなってしまう生活で太ってしまう人も少なくありません。

有酸素運動と、過剰摂取にならないような食事を意識した運動生活を心がければ、脂肪燃焼エネルギーが活性化し、痩せると同時に「太りにくい体作り」をすることができるようになるでしょう。

失恋で痩せる人・太る人の境界線「友人関係での癒し方」

自分を本当に理解してくれる友人との時間を多く作るようにします。

励ましてくれる友達の声に元気を取り戻し、ポジティブ思考からの自分磨きが始まり、失恋してから綺麗になった人…の仲間入りができるでしょう。

ここであまり親しくない友人との時間を多く持つようになってしまうと、ネガティブ発言を耳にしたり押し付けられる機会も多くなり、ストレスから過食に走ってしまうケースもあるのです。

「どれだけ自分を想ってくれる相手といるか」が、運命の分かれ道になりますね。

失恋で痩せる人・太る人の境界線「職場での癒し方」

仕事に集中することで、失恋した悲しみなどの負の感情を考えないようにします。

必死に仕事をしているうちに失恋の痛みが自然と消えていった…という事例も数知れず。時間がかかるかもしれませんが、効果抜群の癒し方になります。

ここで仕事モード1本で過ごせれば、仕事に費やしたエネルギーが脂肪を燃やす結果となり痩せていくでしょう。

仕事に集中したその後、お酒を飲みに行ったり、高カロリーなつまみやお菓子で晩酌したりする「自分へのご褒美」スタイルを作る人はあっという間に太っていきます。

ご褒美は1週間に1度などのルールを作ることが、痩せる人のジャンル入りをさせてくれるでしょう。

失恋で痩せる人・太る人の境界線「趣味・習い事での癒し方」

気持ちを切り替えようと、失恋後に趣味や習い事を始める人がいます。

何かに集中することで失恋の痛みを忘れる時間ができ、また好きなことをすることでストレス発散効果もでてくるので、失恋時におススメの癒し方になります。

ただし、ここで「食べる機会のある趣味や習い事」を選ばないようにしてください。大好物の同好会やサークル、料理教室などですね。

たまにであれば良いのですが、回数が多くなればいつしか「食べることでの幸福感」に支配される環境作りになってしまいます。

失恋で痩せる人・太る人の境界線「出会いの場での癒し方」

イベントや合コンに行った際には、「どうせ失恋のショックは解消できない」と頭ごなしに諦めモードをださないことを意識して、積極的に会話に参加しましょう。

諦めの気持ちが出てくると、せっかくの出会いの場なのに目の前の食事に意識が走りがち。

「新しい人との触れ合いでの癒し」ではなく「食事での癒し」を求めたくなってしまうでしょう。

出会いを大切にする気持ちがあれば、「綺麗になりたい欲求」が強く芽生え、必然的に日常食生活にも変化がでてくるはずです。

失恋で痩せる人の注意点

失恋で痩せる人の注意点

痩せることへのストップが効かなくなることです。

痩せていくことで「綺麗になった」と感じたとき、このままもっと痩せればもっと綺麗になると…心のカギが壊れてしまうパターンと、いつまでも失恋ショックの影響を引きずって食事ができない生活が当たり前になってしまうパターンです。

どちらも精神的な病気を抱えた状態です。

下手をすれば「何か物を食べることが怖い」という気持ちが強くなり、本当に何も飲み込めない状況になってしまうこともあります。

いわゆる「拒食症」です。

いったん拒食症になってしまうと…食事ができる生活に戻るのは困難になるでしょう。

骨と皮ばかりの体を「気持ち悪い」と思う認識が消え、「美しい」とさえ錯覚してしまうこともあるのです。

痩せすぎている人は心身共に不健康なイメージが付きまとい、新しい恋愛どころか基本的な人間関係の構築すら難しくなり…

仕事や生活に大きなダメージを与えてしまう結果になるので、本当に気を付けていただきたいところです。

失恋で痩せるメリットを最大活用すれば次の人生を潤す材料になる!

失恋で痩せるメリットを最大活用すれば次の人生を潤す材料になる!

失恋で痩せることは決して悪いことばかりではありません。適度な痩せ方ができれば、むしろラッキーかもしれないでしょう。

余分な贅肉が落ちてすっきりすることで外見力がアップします。

体が軽くなることでフットワークが軽くなり、行動範囲が広まることで新しい出会いも見つかりやすくなります。

また、最大のメリットは「適度な痩せ方で美しくなった自分」に対して自信が付くこと。

自信を持つことができれば、視野が広がり…ポジティブな考え方もできるようになってきます。

未来を切り開くために1番大切なことですね。

失恋で痩せてしまうメリットを有効活用することで、次の恋愛を引き寄せましょう!

失恋が原因で痩せたことを、ただの失敗談や痛い思い出にするだけではもったいないです!

どんなことも人生の中の1つのターニングポイントとして、フル活用していきましょう。

失恋のようなマイナスの出来事があったからこそ、次に来る大きな獲物も狙えるようになるのですから!

【何もする気が起きない・・・】辛い失恋から立ち直る方法<考え方・行動編>

新しい彼氏を見つけて素敵な恋をしませんか?
日本最大級の恋愛・恋活マッチングアプリなら【Pairs】
あなたにぴったりのパートナーを探せます。