失恋相手を恨むことは身の破滅の始まり!恨みパワーの転換方法5選!

昔から「可愛さ余って憎さ百倍」という言葉があるように…愛情は思いが強くなるほどに「思い通りにならないこと」や「失う状況」を目の当たりにすると憎しみを生み出すことがあります。

好きだったからこそ相手に「必要とない」と宣告される失恋を経験することで、大きな裏切りになったような気持ちになってしまうからでしょう。

ただ、失恋への恨みは…結果的に自分の人生を壊してしまうもの。

失恋して恨みが出てしまう人へ、その恨みの力を「明るい人生」に変えるためのエネルギーに切り替えるための転換方法をご紹介していきます。

力を使うのであれば、破滅の運命を作るよりも明るい未来を作る方がいいに決まっています!

相手のためではなく、自分のために切り替えの力を持って…失恋の悲しみをこれからの未来に投資していきましょう!

失恋した相手を恨みたくなってしまうのはどうして?

失恋した相手を恨みたくなってしまうのはどうして?

「裏切られた気持ち」が恨みの感情を引き出します。

自分の中では終わっていない恋なのに、一歩的な理由や感情から別れを決められた状況に納得ができないのでしょう。

要は気持ちの整理を付けることができないほど、「現実を受け止めたくない」状況にさせられるのです。

ただただ好きな気持ちで一緒にいた相手に、『もう必要ない』と言われたような感覚になり、自分の気持ちとの温度差に対して裏切りを感じてしまうのでしょう。

裏切った相手に対して恨みや憎しみの感情がでることは、ある意味、人間らしい自然な感情とも言えます。

失恋した相手を恨むのはいけないの?

失恋した相手を恨むのはいけないの?

特にいけない…ということはありません。

ただ、恨んだ結果が高確率で「自分の不幸」に繋がることになるので、できる限り恨みのエネルギーを抑えたほうが賢明な生き方になりますね。

人の感情の中で「愛情」と「恨み」は同じくらいに強いエネルギーを持ち、人生を大きく左右させてしまうほどのパワーがあります。

それくらい大きなエネルギーを発することができる状況になったのであれば、考え方・気持ちの転換で「明るい未来」を手にするためのエネルギーに変えてしまう方が「得する人生」になるでしょう。

失恋した相手を恨んではいけない3つの理由

失恋した相手を恨んではいけない3つの理由

失恋ショックから元カレを恨みたくなってしまうとき、これからご紹介する「恨んではいけない3つの理由」を思い出してください。

失恋した元カレを恨むことはどういうことなのか、どんなデメリットがあるのかを解説していきます。

結果的に「プラスになること」は何もない事実と、自分の人生を自ら破滅に向かわせてしまう危険性を十分に把握し、少しでも苦痛の少ない人生を送るための参考としてください。

失恋相手を恨むのは「苦しむ時間が増えるだけ」

元彼を恨んでいる時間に幸せを感じることはありません。

自分をこんなにも苦しい状況に追い込んだ元カレに何らかの復讐ができたとしても、その場で少し気持ちが晴れるだけ。

しばらくすると…恨んだことや復讐したことの罪悪感に悩まされることもあります。

結果、いつまでも苦しむ時間が長引くだけなのです。

失恋相手を恨むのは「恨みに魅力を吸い取られる」

恨みを持っている人に魅力はありません。

なぜなら「人を恨む」という負のパワーは、せっかくもっている魅力を吸い取る力があるからです。

恨みに気持ちを持っていかれることで自分磨きをすることもなくなり、ただただ相手の苦しみを願う姿に。

目つきも顔つきも怖くなり、周囲の人に対する態度もキツくなっていくでしょう。

そんな人と「付き合いたい」と思うような人はいません。

失恋相手を恨むのは「ゴールの見えない復讐連鎖」

恨みが晴れるのは、恨んだ相手が苦しんでいるとき。

恨んで元カレの不幸を願う…その気持ちにゴールはありません。

『もっと不幸になれ、もっと不幸になれ』の気持ちに侵され、常に元カレの不幸を願い続け、復讐をし続ける…そんな負の連鎖から抜け出せなくなってしまいます。

人の不幸を願い続ける人生に「本当の幸せ」を実感することなんてできないでしょう。

失恋の恨みをプラス思考に変える3つの確認

失恋の恨みをプラス思考に変える3つの確認

裏切られた憎しみが募る失恋への恨み。

この気持ちをプラス思考に考えることは…不可能と思われがちですが、ちょっとした考え方の切り替えで可能にもなります。

恨みが強くなってしまうと、どうしても他のことが目に入らなくなり、周りの声も耳に入らなくなりがち。

自分の中にある「恨み」という感情だけに支配された状況になってしまい、なかなか考え方の切り替えをすることが難しくなってしまうでしょう。

そんなとき、考え方を切り替えるきっかけとなる「失恋の恨みをプラス思考に変える」3つの確認をご紹介します。

少しでも受け入れられそうな項目を選択し、切り替え材料に活用してみましょう。

ちょっとした気持ちの持ち方次第で、「破滅しか引き寄せない恨みエネルギー」を「未来を切り開く前進エネルギー」に転換することもできるようになるでしょう。

失恋からの気持ちを切り替えに必要なことは「固定概念からの脱皮!」

失恋相手を「恨んだ結果に得られるもの」を想像する

失恋は「恋を失う」と書きますが、ただそれだけのことなんです。

恋人との関係がなくなったとしても、それで人生を失う訳ではありません。失恋直後は人生が終わったような気持ちになることもあるでしょう。

しかし、何も失うものばかりでもないのです。

失恋することで「必要なかった縁との決別」を得ることもできます。

失恋することで「新しい素敵な出会い」を手にすることもできます。

失恋相手を「恨むことでマイナスになること」の把握

自然と発生してしまう恨みの感情。

発生してしまうことは正直、自分で抑えられることではありません。

しかし、発生したその感情を「意識の持ち方次第」でコントロールすることはできます。

恨み続ける人生に未来はなし。

このことを自覚し、恨み続ける時間が明るい人生を削っている時間になっていることをしっかりと把握しましょう。

マイナスになり続ける行為を続けるほど、愚かでもったいない人生の通り方はありません。

失恋相手を「恨むほど人を好きになれた事実」は認める

失恋したことで恨みが出てしまうのは、それだけ元カレに執着のある証拠。

失いたくなかった相手からの別れの宣告に傷つき、恨みが出てしまうというは…それだけ愛していた証拠なのです。

恨むほどに誰かを好きになれた事実を認めましょう。人を愛するということは本当に素敵なことです。

その感情を持っていること、そのチャンスを手にすることができたことは変わらない事実であることに自信を持つのです。

過去にできたことは未来でもできます。

また「誰かを心から愛せる機会がある」という自信を持っていきましょう。

失恋相手への恨みをバネに人生を輝かせる転換ポイント5選

失恋相手への恨みをバネに人生を輝かせる転換ポイント5選

恋を失わされる裏切りへのショックから生まれてしまう恨み。

失恋相手に恨みを持ってしまったら、「もう恨みの人生しかない」…なんて諦めないでください。

恨むだけのエネルギーがあるのであれば、それをちょっと方向転換させることで未来を開くきっかけを手にすることができるチャンスがあることでもあるのですから。

これから「恨みをバネに人生を明るくしていくための5つのポイント」をご紹介していきます。

できるものから取り入れて、自分の人生を守ってください!

失恋相手への恨みは「幸せになる姿を見せる」復讐を

元彼へのストーカーをしたり、元彼の新しい恋人に嫌がらせをしたり、失恋した元カレへの復讐方法はいくらでもあります。

しかし、復讐はすればするほど元カレの心を離し、結果的に惨めな自分を作り上げるようになってしまうもの。

1番元カレが後悔するのは「幸せな姿を見せつけること」です。

幸せになることを元カレへの復讐とする気持ちを持つことで、意識せずとも自分の未来が良い方向へ向かっていくでしょう。

失恋相手への恨みは「元カレより幸せになる」ことで解決

元彼への恨みが出るのは元カレに対する執着の現れです。

元カレと幸せになりたかった気持ちへの裏切りを感じ、恨みとなってしまうケースはよくある話。

元カレより幸せな状況になることで「幸せになりたい」願望が満たされ、恨みが解消されることも、これまたよくあるケースなのです。

新しい恋人を探したいなら

新しい彼氏を見つけて素敵な恋をしませんか?
日本最大級の恋愛・恋活マッチングアプリなら【Pairs】
あなたにぴったりのパートナーを探せます。

失恋相手への恨みは「元カレが後悔するくらいの自分磨き」へ

恨む気持ちを元カレへの復讐に使うことを考えるのではなく、自分を捨てた元カレを後悔させるための力に使いましょう。

外見、内面と自分磨きに専念し、元カレが手放したことを後悔するくらい自分のスペックをあげるのです。

自分のレベルが上がっていくことで周囲の状況にも変化が見えるでしょう。

新しい世界を知ること、自分に自信が付くことで、元カレへの恨みどころか、元カレそのものを忘れられるようになる期待が持てます。

失恋相手への恨みは「元カレよりスペックの高い新恋人」探しに

失った恋人が「大したことない相手だった」と思えるようになれば、恨みも消えていくでしょう。

失った相手への未練や執着心がなくなるからですね。

そんな気持ちを作ってくれるのは、元カレよりもスペックの高い新恋人。

恨みのエネルギーを使って、新しい高スペックの恋人探しに力を入れることで…元カレを考える時間が少なくなります。

願望を満たしてくれる新恋人を手にしたときには…もう元カレの存在はあなたの中から消え去っているはずです。

え!?まだ好き?失恋を思い出す瞬間と理由を分析して次に進もう!

新しい恋人を探したいなら

新しい彼氏を見つけて素敵な恋をしませんか?
日本最大級の恋愛・恋活マッチングアプリなら【Pairs】
あなたにぴったりのパートナーを探せます。

失恋相手への恨みは「失うものは何もない強さ」に

恨むほどの失恋をしたとき。

もう人生を失ったというような感覚を持つこともあるでしょう。

その虚無感を活用するのです。

失うものが何もない人間は強くなれます。

仕事や趣味、やりたいことに没頭し、その強さを使って自分の地位と達成感を高めていきましょう。

振り返ったときに築き上げたものがあることで、失恋ショックを和らげることもできるはずです。

失恋した後の恨みは捨てて「自分が主役の人生」をハッピーエンドに向かわせよう!

失恋した後の恨みは捨てて「自分が主役の人生」をハッピーエンドに向かわせよう!

恨み続ける人生にハッピーエンドはありません。

たいていが「つまらない人生」として終わることが多く、せっかくの人生を無駄に使ってしまうようなもったいない生き方になってしまいます。

誰かの人生の不幸を願い、邪魔者になるような存在になってしまうと…自分の人生なのに、誰かの人生のわき役として終わってしまうでしょう。

しかも、「すごく嫌な悪役キャラ」として。

自分の人生の主役は「自分」であることをきちんと自覚しましょう。

「人生」という名の自分の物語をハッピーエンドで終わらせるのも、バッドエンドで終わらせるのも、「自分の意識次第」です。

恨んでいいことは何1つありません。

恨みは未練の最終体系です。

失った元カレに対する煮え切らない不完全燃焼の想いが作り上げる負のパワー。

そして、「恨む」ということで元カレと繋がっていたいという深層心理もあります。

しかし、恨みを持ってしまうと…どんなに力のあるエネルギーでも解消させる結果を生み出すことはありません。

恨む気持ちが出てしまったとき。その感情は人生にとってマイナスでしかないものとして、「元彼との繋がり」を捨てる勇気を持ちましょう。

元カレへの未練を断ち切るために意識を持つことが、恨みを解消させるための1番の方法になります。

【何もする気が起きない・・・】辛い失恋から立ち直る方法<考え方・行動編>

新しい彼氏を見つけて素敵な恋をしませんか?
日本最大級の恋愛・恋活マッチングアプリなら【Pairs】
あなたにぴったりのパートナーを探せます。