え!?まだ好き?失恋を思い出す瞬間と理由を分析して次に進もう!

失恋をしてやっと元気になった!

なのにどうして!?やっぱり失恋を思い出すのは、もしかして完全に失恋から立ち直れてないからでしょうか。

色々な方法で失恋から立ち直ったのに、好きだった人のことを思い出し、胸がキュンと苦しくなったりすることがあります。

今回は、失恋から立ち直ったのに失恋を思い出すのはどうしてないのか?失恋を思い出す瞬間や理由と、次に進むための方法についてご紹介します。

失恋を思い出す瞬間

失恋を思い出す瞬間

失恋を思い出す瞬間1:思い出の何かを見たとき

失恋したことはわかっているのに、何かのタイミングで失恋を思い出すことってありますよね。

好きな人を思い出し、胸が苦しくなる瞬間は思い出の何かを見たときでしょう。
例えば、2人で行ったことのあるお店の前を通ったとき、あの頃の会話や服装までも鮮明に思い出します。

また、一緒に揃えたアクセサリーや誕生日やイベントでのプレゼントを見つけたときも同じです。
あの頃は現実味を帯びてどっと押し寄せてくるでしょう。

「会いたい」「もう一度声が聞きたい。」と、気持ちを昂らせてくるのです。
LINE画面を開いたり、電話番号に今にもタッチしそうになることも。

大好きだったからこそ忘れたい!辛い失恋を忘れるための15のステップ

もう思い出したくない!辛い失恋を忘れる方法10選

失恋を思い出す瞬間2:失恋相手の噂を聞いたとき

好きな人のリアルな情報は失恋を思い出す瞬間のひとつ。
失恋したら自分からは聞くことができないのですから、人からの噂はありがたい情報源なのです。

「あの子仕事頑張ってるよ。」「今海外に行ってるみたい。」など、近況を聞くだけでも身近に感じてしまいますよね。

「そうだった、頑張り屋だったからな。」「したら海外に行きたがっていたよね。」など、2人で話したことがふと思い出されるのです。

失恋を思い出す瞬間3:お酒を飲んだとき

お酒を飲むと、日頃心に思っていることを開放してくれます。
悲しいことや、腹が立ったことなどお酒を飲むと吐き出す人っていますよね。

アルコールは血液に混じって脳内に入ると、神経を麻痺させるため思考や感覚などが鈍くなるのです。

そのため、普段は理性的だったりしっかりしている人が急に、いつもと違う言動をしたりしたりして周りを驚かせたりするのでしょうね。

失恋を思い出すのもの理性がぶっ飛んでしまい悲しくて辛い感情が一気に噴出し、無性に好きな人が恋しくなり抑えきれなくなるのです。

「会いたい!会いたい!」「寂しいよ!」など、泣き崩れてしまうこともあるのかもしれませんね。

失恋を思い出す瞬間4:気が弱くなってるとき

気弱になっているときは、失恋を思い出しやすくなります。

病気でずっと寝込んでいるとき、「もしかしたら死んでしまうかも……。」と気弱になり、失恋した相手のことを思い出し、別れたことを後悔するのです。

また、仕事でミスをしたり、上司や先輩に怒られて凹んでいるときも失恋を思い出すことも。「どうしているかな。」「優しかったあの笑顔がもう一度見たいな。」など、好きな人の幻影を求めるのでしょう。

心が弱っていると好きな人との思い出の中に逃げ込みたくなるからかもしれません。

失恋を思い出す瞬間5:今の恋人と比較してしまうとき

失礼かもしれませんが、失恋を思い出す瞬間の中で多いのが、今付き合っている人と比べてしまうとき。

今の恋人の仕草や言葉や考え方などを、失恋した好きな人とダブらせてしまうのです。

「ダメダメ、何てこと考えてるんだ。」そう思えば思うほど、失恋した好きな人が頭から離れなくなるのです。

「あの人ならこんなとき……。」と、違う行動をした今の恋人をまるで否定するように好きだった人のことを思い出し、胸が苦しくなるのです。

失恋を思い出す理由

失恋を思い出す理由

失恋を思い出す理由1:辛い別れ方をした

もう、フラれたことはちゃんと理解しているつもりなのに、いつまでも失恋を思い出すのはどうしてなの?

自分では元気になったつもりでも、失恋したことを思い出すたび今でも涙がでてくるのはおかしいのか、と思ってしまうますよね。

失恋を思い出すのは辛い苦しい別れを経験したからでしょう。

こっちが本気だったのに、相手からはただの遊びの関係だと思われていたり、他の人と二股をかけられたいたり、また、自分の友達と三角関係が原因など、酷い理由で別れを余儀なくされた場合です。

自分の気持ちの持って行き場がない失恋だったため、まだ整理がついていないからでしょう。
しっかりリセットすることが必要になりますね。

失恋を思い出す理由2:相手のことが好き過ぎた

相手のことが好きすぎて「重い」「束縛がキツイ」と相手からシャットアウトされた場合は、失恋を思い出してしまうでしょう。

失恋した人がずっと好きでやっと付き合うことができた人だったり、理想の恋人だったのなら、気持ちが大きくなるのはとうぜんかもしれません。

「好き好き好き!」「こんな素敵な人はもういない!」など、好きな気持ちはそんなに簡単には治まりません。

何かのタイミングで失恋を思い出し苦しい思いをすることになります。

失恋を思い出す理由3:今が充実していない

今の自分に満足してる人は失恋を思い出すことなどありませんよね。
失った恋はすっかり思い出になっているのですから。

けれど、終わった恋に執着しているのは今が充実していないからです。

他に好きな人ができるのはもちろんのことですが、それ以外に自分が一生懸命になっていることがないからでしょうね。

キラキラ輝いている人を尻目に、ため息を吐きながらただ何となく日々を過ごしているのです。

失恋を思い出す理由4:復縁を待ってる

失恋を思い出すのは、失恋した今でもフラれた人が好きだからです。

「もしかしたらもう一度やり直せるかもしれない。」「こんなに好きなんだから。」などと思い込んでいます。

「この人でなければ無理。」「やっぱり一番大切な存在。」など、失恋した相手に対しての気持ちを再確認するのです。

復縁に対する気持ちが盛り上がっているため、いくら復縁を希望しても失恋相手の気持ちが戻らなければどうにもならないことは気が付いてはいないのが問題です。

しっかり失恋を受け止めていないため、いつも好きな人が心を占めている状態なのです。

失恋を思い出す理由5:出会いの無い環境

失恋を忘れるのに効果的なのが新しい恋。
けれど、全く出会いがない人はいつまでも終わった恋から離れられません。

「あの人は素敵だった。」「あんな恋はもう経験できないだろう。」と、訪れない出会いに嘆くことに。

失恋した相手よりも素敵な人に出会えればすぐさま気持ちが切り替えることができるでしょうが、そうでない限り失恋を引きずることになります。

おそらく出会いの無い環境の中に居続ける間は、いつまでも失恋を思い出すことになるでしょうね。

失恋を思い出す理由6:執着している

失恋を思い出す機会が多い人は、失った恋にしがみついているからです。
執着心は、もともとの性格的な面が原因の場合もあります。

何に対しても固執し新しいことに進めない性格の人は、失恋した相手を忘れることができません。

また、フラれたこと自体にこだわっていることも。
「どうして自分がフラれなくてはいけなかったの?」と、失恋したことを受け止めていないのでしょう。

失恋した相手のことよりも、失恋したことにこだわっているのかもしれませんね。

失恋を思い出す理由7:ちゃんとお別れしていない

失恋を思い出すのは別れ方が問題な場合も。
「別れたい」「別れよう」と言わずに、何となく自然消滅したとき、失恋がうやむやになってしまうのです。

また、友達のような関係になってしまうのも、はっきりと失恋したかどうかわからなくなるため、失恋からの立ち直りが遅いのが特徴ですね。

毎日顔を合わせていると好きな人への気持ちが切り替えられなくなります。

しっかりフラれなければわからないのかもしれません。

失恋から立ち直る方法

失恋から立ち直るには自分磨き!おすすめの理由とすべきこと7つ

失恋から立ち直る方法1:失恋を認める

失恋をしたことはわかっているけど、はっきり認めると完全に終わった感があると思う人もいるでしょう。

それは、どこかで小さな期待が残っているからです。
けれど、期待しても失恋した事実は変わりません。

ズルズルともしかしたらを待っていると、いつまでたっても失恋を思い出すことになります。
失恋から立ち直るためには、まずはしっかり失恋と向き合うことから始めること。

悲しいけれど、もう戻らない恋だと諦めて次に進まなくてはいけないのです。

【何もする気が起きない・・・】辛い失恋から立ち直る方法<考え方・行動編>

失恋から立ち直る方法2:別れた場面を思い返す

失恋から立ち直れず、思い出す人は自身が別れたシチュエーションを思い返してみましょう。
別れを切り出したときの好きな人の表情はどうでしたか?どのような言葉で別れを告げられましたか?

相手がちゃんとあなたのことを考えてくれていたなら、真剣に考えて別れを決意したはずです。
別れることも生半可な気持ちではなかったでしょう。

ちゃんと思っていてくれての別れならきっちり受け止めなくてはいけませんよね。

もう一度、別れの場面を思い返してみると失恋したことを実感します。
そうすることで、自分自身も次のステージに進まなければ!と切り替えられるのではないでしょうか。

失恋から立ち直る方法3:思い出の整理

失恋を思い出すのは、思い出のものが身近に残っているからです。
ステキな思い出だとしても、未練が残っているのなら側に置いておくのはやめた方が良いですよね。

失恋したことも忘れて、あの頃に引き戻されてしまうのですから。
好きな人のアドレスはもちろん、SNSのお友達申請も解除。

可能なら携帯ごと変えてしまうくらいでないと。
また、2人の思い出の物も整理しましょう。

この機会に部屋の中を大掃除するのをオススメします。

失恋から立ち直る方法4:素敵な未来を思い描く

失恋を思い出すことなく過ごすためには、希望的な考え方にならなくてはいけません。
失恋することは悲しいことです。

辛くて何もする気がなくなることもあるでしょう。
けれど、辛い日々は長くは続きません。

今の辛さはバネとなり、次に羽ばたく準備をしているのだと思ってみては?
辛いことを経験した分幸せはちゃんとやってくるのですから。

自身の思考をプラスに切り替えて、未来に期待しましょう。

失恋から立ち直る方法5:自分を磨く

失恋から立ち直りたいなら自分自身も努力が必要です。
辛い、苦しいと閉じこもっていたって幸せにはなれません。

失恋を思い出す暇がないほど自分のために時間を使ってみませんか?
内面的にも、外見的にも自分を磨くのです。

将来に役立つように勉強をしたり、仕事のスキルを磨くことも自分磨きのひとつです。

もちろん、ファッションや女性ならヘアスタイルやメイクなどイメージチェンジをするのもok。

周りから「変わったね!綺麗になったよ!」といわれることで、気分が上がりどんどんプラス思考になるのですから。

失恋から立ち直る方法6:良い恋をする

失恋から立ち直るためにはズバリ!良い恋をすることです。

新しい出会いのために十分準備をしたあなたならきっと今度こそはピッタリの相手を見つけられるでしょう。

心から思い合える相手に出会ったら、もう失恋を思い出すなんてことはないはずです。

まとめ:え!?まだ好き?失恋を思い出す瞬間や理由を分析して次に進もう!

諦めたつもりの失恋を思い出す人は、本当は失恋したことをちゃんと納得していないからでしょう。

別れの理由が納得できない、好きだった相手への執着が強い、今の自分が充実していないなどなど、失恋が引っかかる原因があるのです。

表向きは失恋から立ち直ったように見えますが、納得できていないと心にしこりが残り、何かのきっかけで失恋を思い出すことになるのかもしれません。

自身の失恋の理由をクリアにして本当に受け止められているのか少し考えてみるのも必要ですしょう。
そのうえで、自分の意識を変え、次の恋に向かって進んでいくことが大切です。

 

【恋愛相談】悩みを本気で相談したい人のための占いサービス5選

【保存版】本気で彼氏・パートナーを探せる!女性向けマッチングアプリ11選

【完全版】出会えると評判!男性向けマッチングアプリ11選