もう立ち止まってはいられない!失恋から立ち直る魔法の言葉17選

想いが強かった恋を失ってしまったら…「もう誰も好きになれない」「立ち直りたくても立ち直る方法を見つけられない」と思って閉じこもってしまう人もいるのではないでしょうか。

でも大丈夫。失恋しても人生がそこで終わる訳ではありません。

「もう立ち直れない」と思っていても、必ずきっかけさえあれば人は立ち直れるからです。

これから失恋から立ち直るためのきっかけになるような魔法の言葉17選をご紹介します。

少しでも現状から抜け出したいと思う人は、ぜひ1度でも良いので読んでみてください。

失恋から立ち直りたいなら

「今すぐに失恋の悩みを相談したい!」方はプロの電話占い師に話を聞いてもらうことができるので【電話占いヴェルニ】で相談するのがおすすめです!

“"

「元カレを見返したい!」「もっと綺麗な自分になりたい」と思うなら
脱毛で綺麗になろう!ミュゼプラチナなら、無理せずに簡単に脱毛できます。



“"

もし、もっとイケメンな彼氏を手に入れたいなら、ダイエットしてもっと綺麗な自分になろう!【ビカラダ!】なら簡単に痩せることができるので要チェック!



目次

「もう誰も好きになれない…と思っている人」へ贈る、失恋から立ち直る言葉

次の恋はまたくるよ、生きている限り

人の心は状況によって変わりやすいものでもあります。
生きてさえいれば必ず新しい出会いに触れる機会があるでしょう。

たくさん出会うこれからの「はじめまして」の中に、新しいパートナーとなる相手が紛れている確率は非常に高いです。

だって地球上にはまだ出会っていない人の方が多いのですから。

1人の相手と想い合える機会を奇跡と呼ぶ人もいますが、数えきれない人が恋をして、失恋をして、結婚して、離婚しています。

生きていれば奇跡の出会いはいくらでも回ってくるのです。

次の恋はまたきます。

もう誰も好きになれないと思った時間があっても、それでもまた恋はやってくるのです。
あなたが自分の殻に閉じこもらずに生きている限り…。

失恋経験は決して無駄ではない

人は失恋を重ねることで確実に成長します。
失う痛みを知ることができるからです。

世の中に半永久という言葉はありますが「永遠」というものは存在しません。

人それぞれに感情や価値観がある限り、かならず変動していくからです。

失う経験をすることでその意味を心から理解することができるようになり、次の経験に活かすことができるのです。

失恋経験がない人は稀ですが、経験のない人よりも失恋経験がある人の方がパートナーと幸せな時間を多く共有できるようになります。

失うことへの経験と反省があるからです。
失恋経験は決して無駄なものではありません。自分の成長に大きな力を残してくれます。

それでもいつか愛に応える日がやってくる

失恋をしたことで恋愛恐怖症になる人もいます。誰かを愛することの怖さを知ってしまうからでしょう。

新しい恋をしてもまた失う痛みを経験したくないという逃げでもありますね。
これは自己防衛本能なので悪いことではありません。

自分がこれ以上傷つくことないように慎重に生きるのも…それも1つの人生。

しかし、恋愛経験のある人はまた誰かを愛することになるでしょう。

前の恋愛よりも新しい恋の相手に対する「好き」という気持ちが大きくなったときと、前の恋愛を忘れてしまうくらいに誰かに求められたときです。

自分を守る力の強い人は新しい人を好きになる前に自分からストップをかける傾向が見られますが、誰かに想われたら…その気持ちを抑えることはできません。

相手が真剣に想ってくれる機会がきたそのとき、必ず愛に応えたくなる気持ちを抑えきれなくなるはずです。

「元カレへの未練がありすぎる人」へ贈る、失恋から立ち直る言葉

別れたということは運命じゃなかっただけのこと

生まれたときに決められる「宿命」を変えることはできませんが、「運命」はいくらでも自分次第で変えることができます。

つまり「運命の人」というのは出会ったとき、付き合っているときに分かるものではありません。

死ぬときがきたら初めて「あぁ、この人は運命の人だったのだ」と分かるのです。

失うということは人生の通過点に出会った人ということだけであって、運命の人ではなかったということ。

元カレに未練を残しても相手の気持ちがないのであれば…想うだけ時間の無駄です。

その先に運命の人は待っているからです。

失恋したことは人生において大きな問題ではないのです。
単純に「運命の人ではなかった」というだけのことなのです。

別れるときは次の恋のスタート

人は失ったものにばかり固執する癖が多くみられます。

それはもう二度と手に入らないものだからでしょう。プレミアの価値がついてしまったことと同じですね。

でも、「古いもの」であることには間違いありません。

時間を重ねる度に味が出てくることもありますが、それは手元にある場合の話。

手元から離れた古いものに固執していても、人生の時間を進めることができない「過去の人」になってしまいます。

別れがあれば次は出会いが待っています。

人生とはそういうものです。

失ったことばかりに意識を持つのではなく、失ったことによって新しいものが手元にくることを考えてみましょう。

別れたらエンドではありません。
別れた時点で次の恋のスタートが始まっています。

1人を失ったくらいで騒ぐな!男は星の数ほどいるのだから

「本気の恋だった」「心から愛した人だった」と、もう二度と愛する人には出会えない今生の別れを感じている人もいるでしょう。

それでも1度失恋したくらいで騒いでいるようではキリがなくなってしまいます。

だって男性は星の数ほど存在しているのですから。

その中のたった1人とのたった1回の出会いが終わったくらいで落ち込む必要はないのです。

元カレと同じようなルックス、性格、価値観の人もいくらでも存在しますし、それ以上のスペックを持った男性も数えきれないくらい存在します。

ただ今は出会っていない、それだけのこと。
気持ちを切り替えて視野を広くすることで…いつか実感を持てる日がくるでしょう。

想い続けても自分の価値を下げるだけ

1人の人を想い続けることに純粋さや誠意を感じる人もいますね。
しかし相手にとって迷惑な場合もあります。

そう、失恋したときです。

元カレは別れを1つの区切りとしてすでに新しい人生を歩み始めています。

いつまでも元カレのことを想い続けるのは、残酷な話ですが自分の価値を落としてしまっていることにもなってしまいます。

元カレは迷惑するからです。状況を把握できずにいつまでも思い続けることでストーカー化してしまう危険性も。

付き合っていたときの綺麗な思い出まで汚してしまう最悪の結果も待っています。

自分の価値を下げないためにも立ち止まってはいられません。
吹っ切る勇気が必要です。

「過去の自分を責めている人」へ贈る、失恋から立ち直る言葉

失敗がなければ成功はしない

過ぎてしまった失敗は…失敗でありながら成功のきっかけでもあることを知ってください。
どんなに優れた人でも失敗をしたことがない人なんていません。

失敗を重ねて次に生かすからこそ成功を手に入れるのです。

やってしまったことの取り返しはつきませんが、同じ過ちを繰り返さない教訓にもなり、今後の人生において失敗から学ぶ成功を手に入れることができるようになります。

恋愛での失敗は新しい恋愛での成功の基にもなるのです。大切なのは過去ではなく、未来です。

過去を変えることはできないけど未来は変えられる

「もっとこうしていれば」とか「あのときこうしていれば」…と、失恋する前の自分の言動に反省ばかりする人がいますよね。

治すべきことに対しての反省は良いのですが、あまりに固執することはやめましょう。

どんなに悔やんでも過去を変えることは決してできないからです。

反省点があるのであれば、それを活かせるのは未来だけです。未来はいくらでも自分次第で変えることができます。

変えられない過去にばかり縛られるのではなく、変えられる未来のための原動力にする方が賢明な生き方になるでしょう。

人生には必要なことしかやってこない

辛い経験も苦しい経験も、人生は人それぞれに必要なことしかやってこないと言われています。

「そんなこと他人に言われたくない」と反論される人も少なくありませんが、振り返ってみれば…どんな経験もそれなりに人生の糧になっているもの。

失恋にも同じことが言えるでしょう。
自分が成長するため、より幸せな相手と結ばれるため、必要な経過が失恋だったという結果なのです。

失った相手との時間は無駄だったと思いがちですが、そうではありません。

一緒にいた時間、失った相手との出会い、どちらも決して無駄ではなく、これもより幸せな人生になるために必要なアイテムであったのです。

「地獄のような苦しみを感じている人」へ贈る失恋から立ち直る言葉

いつかは抜け出せる日がやってくる

「開けない夜はない」とか「日はまた昇る」なんて名言もあるように、毎日は必ず変わっていきます。

全く同じ日はありません。
少しずつでも変化があるのが人生です。

苦しみも同じこと。必ず終わりは来ます。

苦しみから抜け出せないのはまさに地獄のように辛い状況ですが、ここは現世。

地獄ではありません。

立ち直る努力をしなくとも、失ったことへの後悔ばかり思う毎日であったとしても、終わりは必ずやってきます。

その終わりがいつなのかは人それぞれ違ってきますが、「終わりが来ることを知っている苦しみ」と「終わらない苦しみ」とでは全く違ってくるでしょう。

失ったとしても経験があるだけマシ

「こんな気持ちになるなら恋なんてしなければよかった」とか「失うくらいなら愛さなければよかった」という人もいます。

でもそれは愛を知ったからこそ言える言葉なのです。

「それだけ素敵な人と時間を過ごした」「それだけ真剣に愛する人に出会った」ということでもあります。

誰かを愛したことがない人は確かに失恋の痛みを経験することはありません。

そして愛される喜び、愛する幸せを経験することもないのです。

一見、平穏な人生のように見えますが実際に生きてみると…つまらないものです。
経験がない人は失恋してもいいから1度でも愛し合いたいと願うでしょう。

失ったとしても「愛し合う経験」があるだけマシな人生なのです。

「失ってよかった」と思える新しい恋が待っています

新しい恋をするためには、過去の恋人は必要ありません。失恋した人の多くは津語の恋愛でより幸せなカップルになる確率が高いことをご存じでしょうか。

その理由は…失恋したからこそ、これからの恋人に求める内容が変わってくるからです。

今までの「恋人の条件」にはなかった新条件、「自分にとって必要な項目」が見えてくるからです。

だからこそ、次に恋愛をするときには、失恋した恋よりも素晴らしい時間が待っているもの。

これは失わなければ得られなかった「失恋したからこそ手に入った恋」になります。

「死んでしまいたいと思っている人」へ贈る、失恋から立ち直る言葉

コレ本当、時間が必ず解決してくれる

ありきたり過ぎる言葉かもしれませんが、これは本当です。

今は聞く耳をもてなかったとしても、結果的に1番実感できる失恋から立ち直る手段になるでしょう。

失恋に関わらず、人生の悩みなんて…最終的に時間が解決してくれます。
それくらいに時間には力があるのです。

今までに数えきれない人が失恋をしていますが、ほとんどの人は時間が解決してくれた人生を前向きに生きています。

振り向かない相手のために落とす命ほど無駄なものはない

想ってくれる相手のために自分の命を差し出すラブストーリーは悲劇のラブロマンスとして多くの人の心に感動を与えます。

しかし、想われてもいない相手のために差し出す命なんて、こんな馬鹿げた話ありません。
誰が見ても「つまらない」と評価されるようなストーリーになってしまうでしょう。

当てつけとか、復讐とか…そんなくだらないことに命を使うのは本当にもったいないこと。

人は「人生を楽しむ」ために生を受けます。

仕事、家庭、恋人、ボランティア、どんな形のことでも自分なりに楽しみ、少しでも有意義な人生を謳歌するために生きていくものです。

想われていない相手に差し出す命ほど無駄なものはないことを分かってください!

死んだらそこで終わり、次に来る予定の幸せを見ることはできない

はっきり言って死ぬのは簡単なことです。
少し勇気を出せば人間なんていくらでも命を絶つことができる存在なのですから。

でも、死んでしまったら本当にそこで終わり。

生まれ変わる確証もありませんし、死んだ後の世界に安らぎがある保障もありません。

ただ1つ確実に分かっているのは「人生を途中放棄した」ということだけ。

踏ん張って生きてさえいれば、新しい出会いや新しい恋を経験できる可能性があるのに、未来の幸せを自分で放棄しただけの結果になります。

いいですか、死んだらそこで終わりなのです。

せっかく無事に生まれてこれた人生を棒にして、せっかくチャンスのある未来を蹴ってまで死ぬ価値のある恋とはどんな恋だったのか、自分自身に問いただしてみましょう。

泣いてもいいし、暴れてもいいし、叫んでもいい。死ぬほどのことではないと気付くから

失恋の闇に飲まれてしまっている人の多くに、失恋で受けた感情を吐き出せていない共通点が見られます。

無理に我慢してみたり、無理に立ち直ろうとする気持ちが強いあまり、自分の感情に蓋をしてしまっているのです。

結果的に無理が積もって「死にたい」とまで思い込んでしまうこともよくある話。

失恋したときに大切なのは、まず、自分の心に正直になること。泣くのを我慢しなくてもいいのです。

暴れたければ自分の部屋で暴れてもいいのです。

叫んだっていいのです。

周りの人に大きな迷惑をかけない限り、気持ちに素直になって自分の感情を赴くままに発散させればいいのです。

死ぬ気持ちがあるなら、それくらいのこともできるでしょう。

いったん発散させることで初めて立ち直る光が見えてくることもあります。
「死ぬことでもないな」と気付けるようになるはずです。

誰かの何気ない言葉が失恋から立ち直るきっかけになることも!

いかがでしたでしょうか。

はっとするような言葉に気持ちを切り替えたくなるよう心境になることもあったでしょう。

今すぐに心に響かなかったとしても、いつか時がくればじんわりとしみ込んで効果を実感できることもあるでしょう。

日常会話の中での何気ないフレーズに心が動かされることもありますが、周囲の人間から聞く言葉だけではただ聞き流してしまうような言葉も、耳ではなく目からの情報収集によって心に届くこともあります。

きっかけはどこにあるか分かりません。

いつ、その言葉が心に響くかも分かりません。

人の心の痛みの大きさや深さは様々で、受け取り方も十人十色だからです。

それでも、周りの声に耳を傾ける力さえ残っていれば…必ず失恋から立ち直るきっかけになる言葉に出会うことができるでしょう。

今回ご紹介した17選の言葉たちには、失恋した人の励ましになるきっかけが含まれているはず。

見るのも聞くのもタダです。

頭の中のどこか片隅にでも置いておけば、立ち直るための役に立つことがあるはずです。

焦らなくても大丈夫。時間が必ず解決してくれます。それまで、ゆっくりと心と体を休めましょう。

誰かの何気ない言葉に心動かされたそのときこそが…今抱えている失恋から立ち直るタイミングになります!

失恋から立ち直るための方法はこちらをご覧ください!

【早く立ち直りたい人必見】失恋のストレス解消方法7選

やる気が出ないのはどうして?失恋で無気力になる原因と9の対処法

涙は特効薬!?失恋で泣くことが良い理由と泣く方法や注意点