【失恋した男性必見!】立ち直るまでの期間は自己調整可能!

失恋するときの痛みは男女の差はありません。

どれだけ相手を想っていたか、どれだけ失いたくない恋だったのかの度合いが失恋ショックの痛みの大きさを変えます。

感情的に生きるのが女性、理性的に生きるのが男性…と言われがちですが、実は男性の方が痛みに弱い生き物なのです。

基本的に男女の脳には違いがあり、考え方や感じ方にも差があるとされていますが、理性的に生きている男性だからこそ、感情的な影響を与えられやすい失恋での免疫が弱い傾向が見られますね。

そのため気持ちの切り替えをするのも苦手で、失恋ショックから立ち直れずに苦しみを抱えながら生きている…なんて人も珍しい話ではないのです。

今回はそんな失恋ショックに悩まされている男性へ「失恋から立ち直るためのポイント」をご紹介していきたいと思います。

『心が勝手に思って反応していることだから、自分ではどうしようもできない…』と思い込んでしまっている人もいるでしょう。

しかし、失恋で苦しむ期間を自己調整することはできるのです!

失恋から立ち直るためには「充電期間」も必要ですが、その充電期間はあくまでも「一時的なもの」であることへを自覚し、自分の手で「少しでも早く失恋から立ち直るための調整」をかけていきましょう!

「喪失期間」が長すぎる男性が失恋から立ち直ることができにくい理由

「喪失期間」が長すぎる男性が失恋から立ち直ることができにくい理由

心を失ってしまうような喪失期間が長くなりすぎると、だんだんと「感情や感覚」が鈍くなっていきます。

何も考えない、感じないことに慣れてしまうからですね。

失恋の痛みを少しでも忘れたいと思う自己防衛機能が「何も考えたくない」・「何も感じたくない」と心に大きな防護壁を作り上げます。

ショックが大きすぎるのであれば、心が壊れないようにするために必要な行動になるのですが…

あまりに長く時間をかけてしまうことで、感情や感覚が鈍くなり、新しい出会いから縁遠い状況を作り上げてしまいます。

要は自分の殻に閉じこもった状態ですね。

楽しいことはなくとも、痛みを感じることのない世界に安心感を持ってしまうと…そこから抜け出すのは相当大変になりますし、かなりの時間がかかるようになってしまいます。

これが喪失期間の長すぎる人が立ち直れない大きな原因なのです。

【何もする気が起きない・・・】辛い失恋から立ち直る方法<考え方・行動編>

誰か教えて!失恋から立ち直るまでの時間を短くする方法9選

失恋から立ち直るまでに期間がかかる男性の特徴

失恋から立ち直るまでに期間がかかる男性の特徴
失恋してもあっさりと切り分けられる人、失恋したことで人生が終わってしまうような生き方しかできない人…と、十人十色というように男性にもいろんなタイプがいます。

すぐに気持ちを切り替えられる人はいいのですが、なかなか切り替えのできない人は失恋したことで相当なダメージを受けてしまうでしょう。

失恋から立ち直るまでの期間が長くなりやすい男性には、大きく分けて3つの特徴が見られます。

失恋から立ち直る期間がかかる男性は「元カノへの未練が強い」

とにかく大好きだった彼女との失恋は、次の恋に進むための大きな足かせとなってしまうでしょう。

「ものすごくタイプだった」、「自分には彼女しかいないと思っていた」と、あまりに強すぎる元カノへの想いが、そのまま未練となって心を奪っていきます。

この状態になってしまうと…よほど元カノ以上に好きになれる要素のある女性と出会えない限り、失恋から立ち直ることは難しい状況になってしまいます。

失恋から立ち直る期間がかかる男性は「別れに納得できていない」

自分の気持ちは付き合った当初から変わっていないとき。

元カノの気持ちの変化が原因で別れることになると…その別れに納得できない自分が出てきてしまうでしょう。

「性格の不一致に一緒にいる価値が見いだせない」、「恋愛感情が持てなくなった」、「他に好きな人ができた」…など、納得できない恋の終わりは、たいて相手側の気持ちの変化です。

努力して彼女の気持ちを変えようと思っても、そう簡単に人の心は変えられません。

さらに、多くの女性は「一度こうだと感じたらその気持ちは変えられない」生き物であります。

納得できない失恋は、不完全燃焼の恋としての終わりを迎え…やりきれない思いに引きずられる期間を延ばしやすくなります。

失恋から立ち直る期間がかかる男性は「過去への後悔が強い」

完全に自分が原因で失恋する結果になってしまった場合、『あのとき、あんなことをしなければ…』とか『あのとき、あんな言葉を言わなければ…』という後悔に飲み込まれてしまう人は、失恋から立ち直るまでに相当な時間を使ってしまうでしょう。

決して戻れない過去への後悔は、決して改善することも修復することもできないからです。

変えられない過去にしがみついている状況になってしまうので、気持ちの整理が付くまでの時間が最も長くなってしまうケースになります。

失恋から男性が立ち直る期間の調整に必要な7つのポイント

失恋から男性が立ち直る期間の調整に必要な7つのポイント
失恋したときには「何もしたくない」と思いますよね。

しかし何もしないままでは…いつその苦しみから解放されるか分かりません。

個人差はありますので、人によっては数週間程度で終わってしまうこともありますし、何年、何十年と引きずってしまうケースもあるのです。

1つの恋愛に固執しすぎることで人生を無駄に過ごしてしまうのは…決して賢明な生き方とは言えません。

正直言って無駄の多すぎる人生になってしまいます。

失恋から立ち直れない期間の中、気持ちを切り替えさえすればできたこと、手に入れられたことを思うと…本当にもったいないとしか言えないでしょう。

そんな人生にならないよう、これから失恋から立ち直る期間を短くするための「調整ポイント7つ」をご紹介していきます。

何もしない毎日を送って人生損するくらいなら、何か1つでもいいので試してみてください!

失恋から上手に立ち直る女性の特徴と立ち直るための極意

男性が立ち直る期間調整ポイント1.「元カノとの思い出は封印する」

楽しかった日々には思い出がたくさんあるでしょう。

それらの思い出を最も思い出させてしまうのは「思い出の品たち」です。写真もそうですね。

元カノを思い出してしまうものは…思い切って断捨離するべきです。

男性の方が女性よりも「思い出」に固執する傾向があり、元カノとの思い出の品を捨てられずに何年も保管してしまう傾向がみられますが、ここは歯を食いしばってでも処分してしまうべきなのです。

…そうしなければ、失恋から立ち直るまでの時間を短くすることは決してできません。

男性が立ち直る期間調整ポイント2.「元カノの情報が入らないようにする」

インターネットの普及している現代社会では、個人の情報も簡単に手に入りやすい環境が揃っています。

Facebookやツイッター、インスタなどがそうですね。

個人のプライベートな情報をリアルタイムに見れてしまうこのツールは、失恋した人にとっては有害なものでしかありません。

元カノの情報が入ってしまうことで、足しきれない想いと、叶わぬ夢なのに復縁したい気持ちが出てしまうこともあるでしょう。

元カノの最新情報をSNSで見たり、友人から聞いてしまうことは、前に進んでいる元カノとは比例して…過去に囚われたまま抜け出せない状態を作り上げてしまうリスクが非常に高くなります。

意識して遮断することが得策なのです。

男性が立ち直る期間の調整ポイント3.「不完全燃焼の恋でも過去として処理」

納得のいかない別れ方、未練が残り過ぎる終わり方、後悔することがあった失恋…など、不完全燃焼の恋をすることで、失恋したときの苦痛は大きくなってしまいます。

しかし、もうそれは決して変えられない過去なのです。
どんなに悔いや思いの残る恋愛をしていたとしても、失ったのならそれまでのこと。

過去は過去として自分の中で処理する意識を持つことも、前に踏み出すためのきっかけになります!

男性が立ち直る期間調整ポイント4.「1つでも自信が持てる物を見つける」

ダイエットをしたり、メンズエステに通ったり、センスあるファッションの勉強をしたり、外見から自信を付ける方法と、資格を取ったり趣味を極めたり、仕事に没頭して収入や職級をアップさせたり、内面からの自信を付ける方法があります。

または…ボランティアに参加するなど「人の役に立つ」ことも自信アップになります。

何でも良いので自分ができそうなこと、興味があることから「1つでいい」ので自信を付けるための武器を作りましょう。

自信が付けば前向きな気持ちになり、新しい道が見えてくるはず。

男性が立ち直る期間調整ポイント5.「やってみたかったことへの挑戦」

時間を理由にやりたいことを先延ばしにしていることがある人は、ぜひ挑戦してみてください。

失恋したときの気持ちを切り替えるきっかけにもなりますし、自分の人生を潤す材料作りのチャンスでもあります!

心の中に残っている「やり残していること」を達成させることで、失恋の痛みを和らげる効果が期待できます。

男性が立ち直る期間調整ポイント6.「積極的な人との関りへの意識、行動」

失恋すると、どうしてもその苦痛から人を避けたくなるもの。

しかし、ここであえて人との積極的な関りを持つことで、人生を変える大きな期待が持てるようになるでしょう。

人の話や意見を聞いたりすることは、自分の凝り固まった考え方をほぐし、失恋に対する考え方への変化を見せることがあります。

男性が立ち直る期間調整ポイント7.「自分の夢を探す、見つめなおす」

恋愛をすると…どうしても「その恋愛が人生」と錯覚してしまう人が多くいます。

たしかに大恋愛の末に結ばれて最後を終える人はいます。

しかし、それだけが人生ではありません。

恋愛はあくまでも「人生を潤すため、自分に磨きをかけるための1つのパーツ」であることを自覚しましょう。

そして、恋愛以前の「自分の夢」への意識を高く持ってください。

自分の夢に向き合うことで、新しい人生を切り開く下準備ができるようになります。

男性でも痛い失恋ショックは…努力次第で立ち直る期間を短くできる!

男性でも痛い失恋ショックは…努力次第で立ち直る期間を短くできる!

恋愛に関しては女性が主流と思われるようなケースが多いですが、男性だって失恋をして傷ついたり、苦しむのは同じ。

性別が違うだけで同じ心のある人間ですからね。

男性だって失恋したら苦痛に襲われて、人生が思うように進めなくなることもよくある話です。

しかし、失恋ショックは男女ともに必ず立ち直ることができるものでもあります。

失恋したときの痛みはあれど、その苦痛が永遠に続くことを避けることだってできるのです。

そのために必要なのが「気持ちを切り替えるきっかけ」です。

何もしなくてもいつか時間が解決してくれる失恋ショックもたくさんありますが…できることなら少しでもその期間を短くしたいと思いますよね?

それには意識改革と努力は必須項目になってきます。

辛くても、気落ちして体が重くても、自分にムチを打って立ち上がる気力も必要になるでしょう。

頑張って立ち上がったその先には、必ず明るい未来が待っています。

「失恋から立ち直る!」という強い意志を持って、失恋から立ち直る時間を短くするため、自分ができる努力をしてみてください。

多少のムチは必要ですが、決して無理をすることはありません。

いくつかできそうな方法を試して、『無理だ』と思う項目があればすぐにやめ、次に出来そうなことを探して挑戦すればいいのです。

大事なのは諦めないこと。

1回、2回の努力で効果がなかったからと諦めてしまっては、失恋から立ち直る時間を余計に伸ばしてしまうだけです。

「立ち直ろうとして努力しても無駄だった」という経験が残ってしまうからです。

『これがダメなら次!』と、諦めずに失恋と立ち向かう気持ちを持ちましょう。

自分の未来を切り開けるのは自分しかいないのですから!

誰も助けてくれませんし、誰も助けることができません。自分の心の切り替えは、自分でするしかないのです。

いつまでも苦しみの中にいるような人生を送りたくないなら、楽しいと思える人生を送りたいなら…諦めない心をを持って、失恋と向き合っていきましょう!

新しい彼氏を見つけて素敵な恋をしませんか?
日本最大級の恋愛・恋活マッチングアプリなら【Pairs】
あなたにぴったりのパートナーを探せます。