頑張れ!失恋で立ち直る事が出来ない男性の10のやるべきこと

紙飛行機

「もうだめだ、失恋した……。立ち直ることなんてできないよ」とグダグダになる男性が、立ち直るにはどうしたら良いでしょう。

女性のように表面てきに悲しみを出せない男性の場合、失恋しても傷が癒えないことが多いのです。

そこで、失恋で立ち直る事ができない男性のどのような人なのか、また立ち直るためにやるべき事についてご紹介したいと思います。

失恋で立ち直れない男性の特徴とは

失恋で立ち直れない男性の特徴とは:眠れない男

失恋で立ち直れない男性1:優柔不断

失恋からいつまでも立ち直ることができない男性は、優柔不断な性格の持ち主だからです。
何をするにも決断できず時間だけが、ズルズル過ぎていく人。

自分では決められず、人の意見に乗っかってしまうのも優柔不断だからでしょう。

普段自分で何も決められないため、失恋したのに気持ちの踏ん切りがつけられずにいるのです。

「諦めたほうが良いの?本当に失恋したの?」「でも、もしかしたら間違いかもしれないし……。」などと、グズグズ失恋したことを認めるのを先延ばしにするのです。

失恋を認めたことで悲しみや辛さが一気に押し寄せてくることを避けたいのも理由のひとつかもしれません。

失恋で立ち直れない男性2:固執する性格

失恋から立ち直ることができない男性は、シツコイ性格だからです。
ひとつのことにこだわる人は、好きな人に対しても同じ。

例えば、好きな人が自分の思い描いていたタイプの女性だったり、人から羨望の眼差しで見られる相手だったらどうでしょう。

「絶対手放したくない!」「フラれたって好きなんだ!」と、執着するのです。
一度思い込んだらリセットできない、面倒なタイプなのかもしれませんね。

失恋で立ち直れない男性3:ネガティブ思考

「どうせ……。」「でも……。」「だって……。」と、ネガティブワードを吐く男性っていますよね。

失恋からなかなか立ち直ることができない男性は、言い訳がましい言葉を使います。
失恋したことを誰かのせいにして、前に進もうとはしません。

友人から励まされても、助けてくれようとしても、自分の力で立ち直ろうと努力せず、不幸の中にうずくまっているのです。

失恋で立ち直れない男性4:自信満々

失恋しても立ち直るのに時間がかかる男性は、モテない人ばかりではありません。
モテモテで自信満々男でも、失恋すると立ち直れないことがあるのです。

モテる男性でも、不特定多数の女性から好意を持たれ何となく付き合っていた、という人は、本気の恋を知りません。

そのため、初めて自分から誰かを好きになりフラれたときのショックは相当なもの。

何故なら誰かに好かれることが当たり前だと思っているのですから。
今までの自分ではないほど落ち込み、復活することができなくなるのです。

失恋で立ち直れない男性5:ロマンチスト

失恋から立ち直ることができなくて悩んでいる男性は、現実的な恋愛をしていないのかもしれません。

理想の恋人、思い描く恋愛をずっと夢見てきた人は、恋愛を脚色しがち。
好きな女性の良いところばかりで、悪いとこなどペーストされてしまいます。

そのため、恋愛が美しい思い出のまま残り、失恋したのに忘れることができなくなるのです。

失恋で立ち直れない男性6:生真面目

失恋から立ち直れない男性は、性格的に真面目だからでしょう。
「失恋してしまった……。」「もう生きていけない。」など、ショックが半端ありません。

失恋したことが人生最大の不幸な出来事だと思ってしまうのです。
普通の人ならサラリと流せることでも重く受け止めてしまい、その場から進めなくなってしまいます。

また、失恋した原因がすべて自分の責任だと思いどんどん落ち込むことも。
失恋した相手ほどの人がいないと決めつけてしまう人もいるのです。

失恋で立ち直れない男性7:カマってちゃん

失恋で立ち直れない男性は、周りから辛い自分を心配してくれることが心地良いからかもしれません。

「俺は失恋したんだ、不幸なんだ!」「彼女をいつまでも忘れられなくて苦しいんだ。」などと可哀そうな男を最大限にアピールします。

そうすることで、周りから暖かい言葉をかけられたり、慰められたりするのが嬉しくなります。
「ありがとう、でももう自身が無いよ。」「もう誰も好きになんてならない。」などどんどん可哀そう男に浸ります。

本当はとうに失恋の痛手からは立ち直っているかもしれないのに。

カマってちゃん気質の男性が失恋すると、立ち直るまで周りが振り回されることが多くなることを覚えていたほうがいいでしょうね。

失恋で立ち直るために男性がやるべき事

失恋で立ち直るために男性がやるべき事

立ち直るために男性がやるべき事1:認める

「失恋した……。」「認めたくない。」「きっと何か事情があるのかも。」などなど、失恋で立ち直ることができない男性は、失恋したのに言い訳を作って認めようとはしないのが特徴です。

けれど、失恋を受け入れずいつまでも感情を引きずっていても何も解決がしないことを理解しましょう。

相手に気持ちがないのにいつまでも期待をして待っているなんて、時間がもったいないですよね。

次に進むためにも、失恋した事実を受け止めることから始めなければなりません。
そのことで、傷つき辛い思いをするでしょうが、一時のもの。

泣いて、ズタボロになってこそ失恋と向き合え回復までのカウントダウンが始まるのですから。

立ち直るために男性がやるべき事2:期待しない

失恋から立ち直るのに時間がかかる男性の場合は、復縁の期待をするからです。

「別れたけれどすぐに元に戻ることができる。」「きっともう一度やり直せるはず。」など、思い込んでいます。

勝手な思い込みは何か根拠があるわけでもなく、自身が強い希望が妄想になっているのかもしれません。

復縁が成功する確率は確かにあります。

けれど、簡単ではないこと、お互いの気持ちが上手く合致することなど、タイミングが合うことが大事なのです。

失恋を引きずり気持ちが高まりすぎると余計なアプローチをしたりして上手く良くきっかけを失うかもしれません。

それよりも、期待せず自分なりに失恋を乗り越える努力に向かって頑張ることが大事です。
「もう終わった恋だから。」「次はいい恋をしよう!」と前向きに切り替えなくては!

立ち直るために男性がやるべき事3:現実を見る

失恋したのに立ち直ることができない男性は、恋愛の思い出に仕立て上げてしまうことが原因のひとつです。

現実の恋愛を自分の中で美しく脚色しインプットしているからでしょう。

例えば、好きな女性は美しく何の落ち度のない完璧な女性だったり、自分たちの恋愛がドラマの中のようにキラキラ輝いていたように思い出が塗り替えられているのです。

自身の恋愛をいい思い出にするのは良いことでしょう。
けれど、美化しすぎるのは失恋を長引かせてしまいます。

好きな女性は、本当に完璧に理想の人だったのか?自分たちの価値観ピッタリ合っていたのか?など、一度冷静になることが必要です。

インプットされてる思い出は、喧嘩したことや嫌な記憶は無かったことになっているのですから。

立ち直るために男性がやるべき事4:我慢しない

男性は辛いことがあっても、女性のように感情を表に出すことはしません。
だからといって本当にに辛いときは我慢しなくても良いのではないでしょうか。

失恋をして立ち直れない男性は、胸が張り裂けそうなくらい辛くても、グッと堪えてしまうのです。

「こんなキャラで泣くなんて恥ずかしい。」「男の癖に失恋くらいで凹んでどうするんだ!」などと、自分に言い聞かせているからでしょう。

けれど、本心は違います。
辛くて眠れなかったり、やる気を無くしたり、泣きたいほど切ない気持ちに襲われているはず。

だったら、思い切り泣きましょう。
泣くことで失恋を受け入れられるのです。

涙を流すことは、脳から出されるエルドルフィンにより、ストレス物質を軽減する効果があります。

泣いた後、何故か気持ちがスッキリするのはそのせいだったんですね。
男性女性関係なく、失恋の痛みを少しでも和らげるなら、思い存分泣くのもアリなのです。

立ち直るために男性がやるべき事5:断捨離

失恋から立ち直りたい男性がやるべきことは、断捨離です。
特に携帯の整理。

好きな人との思い出アルバム、アドレス、SNSのアカウントは失恋が確定したならダッシュで捨てることです。

声が聞きたい、様子が知りたいと連絡してしまうと失恋の痛みから抜けだすのが遅くなってしまいます。

見込みがないなら下手に連絡をとるのは逆効果です。
また、2人の思い出の物も思い切って処分しましょう。

もったいない気もしますが、見て辛くなるなら仕方がありませんからね。

立ち直るために男性がやるべき事6:感謝する

失恋から立ち直る男性がしなくてはいけないことは、失恋を恨まないことです。

「あんなふうに言うなんて腹が立つ」「彼女僕を裏切った……。」など、好きだった人に対する恨みや腹立たしさを持つのは止めた方が良いでしょう。

好きだった人に対して嫌な感情を持つことは、その人に対する嫌な感情を引きずることになるのです。

「好き」という気持ちよりも、フラれたことへ恨みつらみだけが残り、失恋を長引かせる原因になります。

失恋したけれど、好きだった気持ちや2人で楽しい時間を過ごしたことは確かなことですよね。

ちゃんと好きになれたこと、素敵な思い出を作れたことには認めること、そしてちゃんと感謝の気持ちを持つことは忘れてはいけません。

立ち直るために男性がやるべき事7:打ち込む

失恋で立ち直ることが困難な男性は何かに打ち込むことで、失恋した辛さを考える暇がなくなるのです。

「悲しい」「空しい」と思うのはひとりの時間があるからでしょう。

クヨクヨ考えている時間をなくすためには、何かに打ち込むことです。
男性の場合仕事に打ち込むことが最も効果的かもしれません。

仕事に打ち込み結果を出すことは、男としての成長に繋がります。

成果をあげ周りから認められることで自信がつき、失恋の痛手なんて無かったことになる人もいます。

また、スポーツや趣味などを極めるのも良いでしょう。

何かに打ち込み、目に見える結果を手にするとモチベーションがアップし、気が付くと辛かったことが嘘のように癒されているからです。

立ち直るために男性がやるべき事8:リフレッシュ

失恋で立ち直ることができずに引きずっていた男性は、全体に負のオーラに包まれていることがあります。

「ダメだ……。」「俺なんてどうせ無理なんだ。」など、傷つくことですべてが否定的になっているからでしょう。

そこで、心も体もキレイにすることです。

女性のようにエステやショッピングをすることよりも、男性の場合は周りの環境をがらりと変えてみるほうが良いかもしれません。

時間やお金に余裕があるのなら、海外旅行や短期留学など思い切ったリフレッシュをおススメします。

お酒を飲んだり、好きだった人との関係を断ち切るためには全く違った場所で生活することは凝り固まった考え方をほぐすのには効果的なのです。

違った景色を見たり、感じたり、違う考え方の人とたくさん触れることで、失恋で立ち直れなかったことが小さなことに見えてくるでしょう。

立ち直るために男性がやるべき事9:チェンジ

失恋で立ち直ることができない男性がやるべきは、変わることです。
いつまでも「失恋した男」のままではいただけません。

新しい自分に変わることで次に進むことができるのです。
「見かけを変える」「生活パターンを変える」など身近なことから変えていくのも良いでしょう。

いきなり大きな目標を掲げても途中で断念してしまっては何にもなりませんから。

失恋で辛い自分をリセットして、新たなことに挑戦するまでの準備期だと思うと良いかもしれませんよね。

立ち直るために男性がやるべき事10:挑戦

色んな準備が整ったら最終段階です。

長く失恋から立ち直ることができなかった男性が再生するためには、次の恋に向かって始動することです。

恋を忘れるには恋で直すのが一番。
辛い気持ちも癒され、少し頑張ってイイ男に成長したのなら自信を持っても良いでしょう。

あなたが気が付かないだけで他の女性からはかなり熱い視線が注がれているはず。
そろそろ恋愛体勢に入っても大丈夫です。

出会いの場に参加したり、友人に出会いをセッティングしてもらうのも良いですね。
また、周りの女友達にも視点を移してみましょう。

意外な人が好意を持っていることもあるかもしれませんよ。

まとめ:頑張れ!失恋で立ち直る事が出来ない男性の10のやるべきこと

まとめ:頑張れ!失恋で立ち直る事が出来ない男性の10のやるべきこと

失恋で立ち直ることができない男性は、失恋したことのない人や失恋相手にこだわりが捨てられなかったり、失恋を人生の終わりのように受け止めるなど、何かの原因で失恋をこじらせているからですね。

でも、失恋は男性にとっても大きな転機となる場合もあるため、うまく乗り越え本当に自分にピッタリの女性を見つけることです。

失恋を嫌な思い出にしないように感謝をしたり心のリフレッシュをしたり、スキルアップをするなど、自身の心がけで失恋したことは悪いことばかりではないことをで理解しておきましょう。

未練タラタラ男子は必聴!男性アーティストが歌う失恋ソング20選

男は失恋うつになりやすい?失恋うつになる男の特徴6つと対処法4つ

男性が失恋後風俗に行くのはNG?風俗に行っちゃいけない理由5つ

新しい彼氏を見つけて素敵な恋をしませんか?
日本最大級の恋愛・恋活マッチングアプリなら【Pairs】
あなたにぴったりのパートナーを探せます。