恋愛初心者の教科書!付き合う前の女性に既読スルーされる原因とは?

付き合う前の段階で、意中の女性に既読スルーされてしまったそこのあなた!

もしかすると、女性が引いてしまう「地雷男LINE」を意図せず送っているのかもしれません。

今回は恋愛初心者の男性向けに、女性がメッセージを無視する理由やNGなLINEのパターン、そして好きな相手を振り向かせるコツをピックアップしてきます!

「乙女心が分からない!」とお悩み中の男性は要チェックですよ。

付き合う前の女性が既読スルーする5つの原因

付き合う前の女性が既読スルーする5つの原因女性がメッセージだけを読んで返信しないのは、いくつもの理由が考えられます。まずは、代表的な5つの要因をチェックしてきましょう。

単純に忘れていた

相手から連絡がきたときに、「とりあえず読んでおこう!」とメッセージを読んだものの、肝心の「返信」を忘れてしまうことってありませんか?

相手から連絡をもらった後に、仕事や用事、ほかの人とのやり取りが挟まれる場合に、忘れてしまうことが多いようです。

一度メッセージを読んでしまうと、新着の表示が出ないため、結果的に連絡を返さずに終わってしまうのが主な要因ですね。

仕事が多忙で返信する時間と気力がない

繁忙期は、会社に遅くまで残って仕事をしたり、家に帰っても残りの仕事に取りかかったりすることもあるでしょう。

疲労がたまっている場合には、LINEをしっかり読む間もなく寝落ちしてしまうこともしばしば。

相手が多忙な時期は、メッセージをスルーされる可能性もあるため、あらかじめ忙しくない時期や連絡が付きやすい時間帯をそれとなく聞いておきましょう。

会話が一段落したと思っている

最後の文章が、スタンプや返さなくてもよさそうな言葉で締めくくられているときは、相手が「もう会話切り上げた方がいいかな?」と気を遣って返信しないケースもあります。

真面目な性格の女性や、優しすぎる性格の女性によく見られる傾向です。

これまでのやり取りで、メッセージがきちんと返ってきているなら、あまり深刻に考えず、新しい話題を振ってみるのも一つの方法です。

あなたに好かれるために駆け引きをしている

「直接会ったときはアプローチしてくれるのに、LINEになるとちょっと冷たい」という女性は、もしかすると駆け引きをしているのかもしれません。

「相手に興味を持ってもらうために、あえて連絡をしない」というのは、モテテクニックの鉄板です。

女性がいつも話しかけてきてくる、もしくはボディータッチをしてくるときは、あなたに好意を持っている可能性が高いでしょう。

「あなたに好意はありませんよ」というサイン

相手の女性が何度もあなたのメッセージを無視する場合は、「あなたのことが好きではありませんよ」という本音の裏返しでしょう。

もしかすると、相手には彼氏や好きな人がいて、意図的にあなたとの連絡を絶とうとしているのかもしれません。

はっきりと「もう連絡しないで」とは言わないものの、「最近忙しくて…あんまり連絡出ないかも」というようなワードが多いときは、要注意です。

※こちらの記事も要チェック!

もしかしてやっていない?付き合う前の女性が引くNGなLINEパターン10選

もしかしてやっていない?付き合う前の女性が引くNGなLINEパターン10選まだ交際していない段階のLINEは、相手にあなたを印象付ける重要な要素です。

LINEの内容によっては、相手の女性が「え…この人無理!」と引いてしまうこともあります。

相手の女性に不快な思いをさせないために、NGなLINEパターンをチェックしていきましょう!

出会ってすぐにしつこくデートに誘う「今度いつ暇?」

知り合ったばかりの女性に、しつこくデートに誘うのはNGです!

マッチングアプリや婚活で出会った女性なら、デートへのお誘いはOKですが、そうでない場合はいきなり距離を詰めるのは控えましょう。

まだ知り合って間もないのに、いきなりデートに誘われると、女性は相手の男性に対して警戒心を抱いてしまいます。

「もしかして体目当て?」
「どんな人か分からないから、2人きりになるのは怖い…」

そんな不安を女性に抱かせないよう、LINEのやり取りを始めたときは、世間話や好きなことに関する話から振っていきましょう。

好意が丸見え「○○さんとLINEができてうれしいな」

「女性には”好きアピール”をした方が、距離が縮められるのでは?」と思っている男性も多いでしょう。

実はこれ、逆効果なんです!

もちろん、お互いに好意がある状態なら、それがプラスに働くこともあります。

ただ、知り合ったばかりの男性や、あまり接点のない男性から猛アプローチをされると、女性の気持ちが冷めえてしまうケースもよくあります。

「追いかけると逃げたくなる」という言葉はよく耳にしますが、まさにその通りです。

好意をアピールして「すぐに手が届く人」になるよりも、つかみどころのない「届きそうで届かない人」を目指しましょう。

何通も立て続けに送る「そういえばさ」「てか」「おーい」

何通も続けてメッセージを送ると、「面倒くさい人」と思われてしまう可能性大!

確かに、相手からなかなか連絡が返ってこないと「嫌われたのでは?」と不安になってしまいますよね。

しかし、しつこく送ってしまうと、相手に悪い印象を与えることも。

返信が遅くても決して焦らず、相手の返信スピードを尊重しましょう。

何回スクロールしても読み終わらない長文

「おはよう!今日はいい天気だねー。今朝は〇時に起きて〇〇を食べたよ。今日は会社休みだから何もすることがなくて逆に困るんだよね〜!そういえば〇〇さんて…」

こんな長文を送られたら、読むのも疲れてしまいますよね。

何より情報量が多いため、送られた側も「どの部分を掘り下げて返信すればいいか分からない!」と困ってしまいます。

ひと昔前のメールなら、多少文章が長くても違和感はありませんが、同じことをLINEでやるのはどう見ても不自然です。

通常、LINEは短文でやり取りをするものです。

長くても3行に収めて、相手が答えやすい文章を心がけましょう。

質問ばかりする「○○なの?」

LINEを長続きさせるテクニックのなかに、疑問系で返信する」というものがあります。

もちろん、間違っているわけではありません。

相手を知る上で大切な工程です。

ただ、あまりにも質問が多いと、相手が「なんか怖い」「返信するのが面倒くさいな…」と思ってしまう可能性もあります。

ひたすら質問を繰り返すのではなく、あなた自身のことも話してみましょう。

相手があなたに興味があれば、きっと向こうから質問してくれるはずですよ。

ここってTwitter?自分語りしまくり「俺ってさ~」

質問しすぎるのもNGですが、自分のことばかり話すのも「ナルシストっぽい」と思われてしまうため、避けた方がよいでしょう。

「俺、昔はかなり不良でさ〜」
「実は俺、こう見えても意外と力強いんだよね」

このように、過去の武勇伝や聞かれてもいないことをツラツラと話すと、相手も退屈です。

「自分語りしたいだけで、私には興味ないのかな?」と思ってしまう女性もいるでしょう。

LINEは一方的に送るものではなく、相手とのコミュニケーションを楽しむツールです。

相手の話題7割、自分の話題3割を目安に、バランスのよい会話を目指しましょう。

区切りが読めず延々とトークを続ける

相手が「もうトークを終わりにしたい」という雰囲気を出しているのに、それが分からず延々とトークを続けてしまう男性も、女性が苦手とするタイプです。

LINEでは、文脈や相手の連絡が遅い場合、それとなくトークを終わらせるのが暗黙の了解です。

大抵の人は空気を読んでスタンプを返したり、「またね!」と一言送ったりするなど、それ以上は会話を続けません。

しかし、空気が読めない人は、区切りが分からずLINEを続けてしまうことも。

しっかり文面を見て、会話を続けるか続けないのか、しっかり見極めましょう。

私生活を詮索する「今日は誰と会ったの?」

相手のプライバシーにずかずか入り込む男性は、女性から嫌われる可能性が非常に高いです。

「今日は誰と遊んでたの?」
俺以外でいつも誰とLINEしてるの?」

私生活を詮索したり束縛したりすると、女性も「どうしてあなたにいちいち教えなきゃいけないの?」とうんざりしてしまいます。

相手を知りたい気持ちはぐっとこらえて、共通の話題を振りましょう。

下ネタ・お金の話・(笑)が多い

意中の女性に下品な話題やお金の話をするのはご法度です!

あまり気分のよい内容ではありませんし、女性から「品がない人」と思われてしまいます。

また、会話の終わりに(笑)をつける男性が苦手、という意見もあります。

真剣さが感じられないことや、軽い雰囲気が不評のようです。

会話の内容は趣味や仕事など、中身のある話を心がけ、(笑)の連発には気を付けましょう。

少し連絡が遅れただけで大げさに謝る「本当にごめん!」

連絡のスピードが遅めな女性の場合、連絡が少し遅れただけで謝る男性に対して「価値観が合わない」というレッテルを貼ってしまうケースも。

「私も即レスしないとだめなのかな?」
同じ返信スピードを求められたら嫌だな」

と不安になってしまうからでしょう。

誠意からの行動かもしれませんが、LINEは返せるときに返せば問題ありません。

あまり深刻に考えず、気楽に使っていきましょう。

※こちらの記事も要チェック!

恋愛初心者でも簡単にできる!意中の女性を振り向かせる5つのコツ

恋愛初心者でも簡単にできる!意中の女性を振り向かせる5つのコツ「LINEをスルーされるけど、どうにかして相手を射止めたい!」という男性は必見!

恋愛初心者でも簡単にできる「恋愛のキーポイント」をピックアップします。

LINEはほどほどに!触接会って距離を縮めよう

SNSは大切なコミュニケーションの場ですが、実際に会って話すことに勝るほどのものではありません。

文章テクニックや駆け引きの知識を身に付けるのではなく、相手と直接会う機会を作りましょう。

文章でやり取りするよりも、あなたの雰囲気や人柄もよく分かりますし、距離もぐんと近づくはずですよ!

相手をよく知ってNG行動を避ける

相手のことをよく知るのもポイントです。

相手がどんなことが好きで、どんなことが嫌いなのか、その部分をきちんと把握しましょう。

●頻繁に連絡をしたいタイプか連絡無精か
●長いやりとりは好きか嫌いか
●おしゃべりなタイプか聞き役か

相手が頻繁に連絡を取りたいタイプなら、それに合わせて頻度を考えたり、相手が聞き役ならこっちが話題を振って距離を縮めたり、とにかく相手に合わせていきましょう。

また、「こういう男性は苦手」という部分もそれとなくリサーチしておくのもおすすめです。

気持ちに余裕を持って自然体で接する

女性は「狙っていますよアピールをする男性」「意識しすぎてぎこちない男性」が苦手と感じる人が多いです。

反対に、「自然体な男性」は女性から好印象を持たれます。

始めは意識しすぎて緊張するかもしれませんが、とにかく気持ちに余裕を持って、ありのままのあなたで意中の相手と接しましょう。

趣味や仕事など「自分の芯」を持つ

何かに打ち込んでいる人は、魅力的に見えるもの。

ワンランク上の男性を目指すなら、趣味や仕事などを本気で取り組んでいきましょう。

趣味なら、ジョギングをしたり、スポーツジムに通ってみたりしてもよいですね。

仕事なら普段はやらないような仕事を引き受けたり、資格の勉強をしたりしてもよいでしょう。

女性から意識してもらえるだけでなく、人間的な成長にもつながりますよ。

押しすぎはダメ!でも大事な場面でちゃんと押して

意中の相手を振り向かせたいのなら、「押しすぎず、引きすぎず」を意識しましょう。

多くの女性は、強引すぎる男性が苦手ですが、受け身すぎる男性も苦手なんです。

理想は

ここぞという場面では押す
=数回目のデートで告白する、よい雰囲気になったら意図的に距離を縮める

という精神です。

女性があなたに心を開いたと感じたときは、思い切って食事に誘ったり、場合によっては告白したりするのもOKです。

相手からの「好意のサイン」を見逃さず、決めるところはきちんと決めましょう!

女性の目線に立って既読スルーされないLINEとアクションを

女性の目線に立って既読スルーされないLINEとアクションを意中の相手とやり取りをするときに大切なのは、相手の目線に立つことです。

メッセージを送られた側が、メールに内容を読んでどのように感じるか。

その部分に焦点を当てて、適切なメッセージを考えましょう。

相手からの誠意は、何となく文章全体から伝わるものですよ。

女性の気持ちに寄り添って、既読スルーされないLINEを目指しましょう!

※この記事を読んだ人におすすめの本

ちえ『女を熱くする LINEのテクニック Kindle版

アダム徳永『モテる男になる50のテクニック』(日本文芸社)

新しい彼氏を見つけて素敵な恋をしませんか?
日本最大級の恋愛・恋活マッチングアプリなら【Pairs】
あなたにぴったりのパートナーを探せます。